常勤医と非常勤医のな相違点とは

常勤医であるか、それとも非常勤の医師として働くかには、当然ですが違いが出てきます。
どちらがいいのかは医師それぞれの価値観や働き方によって異なるため一概には言えません。

ただ、どのような相違点があるのかを知った上で、転職を検討したり働き方を再確認する必要が出てくるでしょう。
シンプルに言ってしまうと、医療施設それぞれで扱いが異なってきます。

つまり、病院やクリニックが、「あなたは常勤です」と言えば常勤医となりますし、「あなたは常勤ではありません」と言えば非常勤の扱いになるというのが現状なのです。
それぞれの病院やクリニックが自分たちの都合のいい選別をすることも可能であると考えられますが、それを心配するよりも、それぞれの求人内容や医療施設のことを把握することの方が重要となるでしょう。

多くの求人では『週に4日以上の勤務を常勤』扱い

医師を募集している多くの求人では、週に4日以上の勤務となる場合には常勤としています。

それ以下の場合は常勤ではないということになるわけですが、これは医療法が関係していると言えそうです。
医療法では、週に32時間を超えて働く場合には常勤とすると定められています。

病院側が設定した勤務時間があり、その時間すべてで働いていれば、それも常勤であると判断すると定められているのですが、その勤務時間が週に32時間に満たない場合はフルで働いていたとしても常勤ではないと判断されます。

つまり、医療法によれば、ボーダーラインは32時間と解釈することができるでしょう。
しかし、これはあくまでも医師の数を把握するための決まり。

常勤が何人いて、それ以外は何人いるのかというデータを集めるために決められたものであり、医療施設側が雇う医師を常勤とするか否かを縛るものではないのです。
上で触れたように、あくまでも医療施設がどのような扱いをするか、これによって決定されている現実があります。

『勤務時間が32時間』がボーダーライン

ただし、健康保険法で見ると、この32時間で常勤として定められるため、この法律の観点でみれば、やはりこの32時間がボーダーラインとなると考えても良さそうです。

労働基準法や労働契約法の観点でみれば、そもそも常勤とは何かという定義が定められていないため、どうしても医療施設側の提示する雇用形態に従う必要が出てきますが、1日8時間労働で週に4日以上働けば常勤医であるという認識は一つの基準として持っておいて問題はないでしょう。

勤務時間による違いはあると解釈できるわけです。
常勤医と非常勤の医師は、医療施設との関係性や人間関係、求められる知識や技術の点でも違いがあるため、そうしたことも把握した上で求人を探さなければいけません。

例えば、医療施設との関係性や人間関係は常勤の方が強くなるケースが多く、求められる知識や技術は、採用時点では非常勤の医師の方がハードルが上がるという傾向があります。