非常勤の医師求人の探し方

「転職後は、より自由度を求めて非常勤で働こう」
そう決めた医師が求人を探す時には、どのような方法があるのでしょうか。
医師求人の探し方そのものは、常勤の求人を探す時とさほど変わりません。

  転職サイト・求人サイトから探す

それを扱っている転職サイトや求人サイトの中から条件や希望などを選択して絞り込み、ヒットした求人の中から応募先を決定するという方法がオーソドックスでしょう。

  コネ・紹介で探す

常勤として働いていた時に構築したコネクションを利用し単発で、あるいは曜日や時間帯などを限定・固定して働ける医療施設を紹介してもらうという方法も考えられます。
医師求人を取り扱う転職サイトの中には、いわゆるエージェントとしての役割を持っているところも多く、そこではコンサルタントに非公開求人も含め紹介してもらうことが可能。
このサービスを利用し、自らの能力や希望に沿った形で働ける病院や診療所を選ぶという方法もあります。

希望や条件などを整理し明確化させておくことが重要

医師求人の探し方としてはこのように複数考えられますが、どの方法を利用するにしても、自らの希望や条件、能力などを整理し、それを明確化させておくことが必要です。
それらを知らないままに転職先や新たな勤務先を探そうと思っても、少なくとも自分に合った転職先や勤務先を見つけることはできないでしょう。

非常勤で働きたいと考える人は、勤務曜日や勤務時間帯、そして時給や日給などの給与、こうしたものに意識を向けがちです。
中には診療科目や職務内容よりも重視する人がいるようです。

ある程度フリーランスに近い形で働くことを希望している人にとっては、曜日や時間帯、給与などが大切になってくることも理解はできますが、仕事の内容そのものが何よりも重要であることは言うまでもありません。

優先順位を間違えると、常に求人情報を探していなければならない状態になってしまうでしょう。
つまり、自分に合った転職先や勤務先が見つけられず、安定した働き方ができなくなってしまうのです。

そもそも非常勤は安定していないものですが、自ら望んで常勤という働き方を避けている医師の場合には、その理由や将来像を明確にしておくことの重要性が、より増してきます。
その場しのぎの働き方では、医師としてのキャリアにも傷をつけかねません。
長い目で見ながら医師求人を探していく必要があるのです。

エージェントやコンサルタントの利用も一つの方法として紹介しましたが、お勧めの探し方はこれです。
非公開求人が手に入れられることもそうですが、自らのキャリアや希望、条件、能力などの整理や明確化にも力を貸してくれる点も、エージェントやコンサルタント利用の大きなメリット。
本当に非常勤で働くべきなのか、他の選択肢はないのかということに関しても適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

画像出典元:https://www.dr-10.com/