アルバイトなどの非常勤医は報酬の面を重視する傾向

非常勤の雇用形態での医師を募集している病院やクリニックでは、時給1万円程度の給与を提示しているところが多く見られます。
敢えて相場を定めるなら、このあたりとなるでしょう。

常勤としての勤め先を探している医師は、必ずしも報酬の面を重視しているとは限りません。
それを最重要視している医師もいますが、それよりもやりがいや地域貢献などにフォーカスしている医師が多く、待遇は二の次と考えている医師が多いようです。

新しい技術や知識を手に入れるために、それが叶えられる医療施設を探している医師も多いでしょう。
しかし、アルバイトのような形で働ける先を探している医師は、報酬の面を最も気にしている傾向があります。

中には少しでも医師として成長したいという心意気を持った医師もいるでしょうが、常勤として働くだけでは収入面で物足りないと考える医師が、アルバイトとして週に1日や2日働く場所を探すというケースがやはり多いでしょう。

それだけに非常勤の給与相場は気になるところだと思いますが、5時間勤務で5万円や8時間勤務で8万円という求人も非常に散見されるため、この額を一つの基準として求人情報を選別してもいいのかもしれません。

報酬の面の差は地域よりも、勤務内容や診療科目で上下する

地方では医師の給与が高い傾向があると言われることがありますが、非常勤の場合には必ずしもそうとは限らないようです。
都市部でも時給換算で1万円を超える求人がありますし、地方でも時給9000円台前半の医療施設もたくさんあります。

北海道などは総じて高い傾向がありますが、やはり医療施設によって変わってくると思っておくべきでしょう。
地域よりも、勤務内容や診療科目によって上下する傾向の方が強いかもしれません。

整形外科は軒並み高い時給や日給を提示しており、4時間勤務で6万円や終日勤務で12万円など、時給1万円の相場をはるかに上回る求人も珍しくありません。
脳神経外科も高い報酬で医師を募集していることが多く、やはり外科系は高収入が期待できそうです。
泌尿器科や循環器科なども、しばしば相場よりも高い報酬で非常勤医師を募集しています。
その他、医師不足が深刻な小児科、産婦人科、あるいは精神科なども良い待遇が受けられる傾向があります。

医師免許を持っているからといって、これまで携わってきた分野や診療科目とは異なるところで働くことは難しいでしょう。
しかし、常に非常勤の募集が存在しているということは、人手を欲しているところがまだまだあるということ。

収入を得ながらあらゆる現場で学べることを考えれば、高待遇の求人に積極的に応募することも医師にとって有意義な行動となるのかもしれません。