医師求人には常勤医を募集しているものと、非常勤の医師を募集しているものの、2種類に大きく分類することができます。

他にもスポット求人と呼ばれるような、1日だけの単発勤務の求人も存在していますが、ここでは前者の2種類について見ていきます。

求人情報にはさまざまな項目が用意され、それぞれの病院やクリニックが募集している診療科目や待遇などを記載していますが、常勤の求人の方がそれ以外と比べると項目が多く、詳細である傾向があります。
これは、医師のための転職サイトや求人サイトなどそれぞれに特徴や違いがありますが、常勤を募集している求人の方がアピール度も高く、より医療施設のことが把握しやすいはずです。
参照:非常勤と常勤医師の違い

常勤医と非常勤医の給与

特に注目すべきは、給与に関する項目。
常勤医の場合には、その多くが年収で記載されています。

経験年数によって年収が変わってくるため、それが2~3段階になって記載されているところもあるでしょう。
いずれにしても、ボーナスなども含まれた年収表示が一般的。

一方の、非常勤の医師求人の場合には、1回あたりいくらという形で給与額が掲載されている点が特徴的です。

あるいは、日給いくらという形で提示されている求人もあります。
同じ医療施設でも勤務時間や業務内容によって給与額が分けられているケースもあり、医師側がそれを選べるようになっています。

もちろん医療機関と相談しながら決定することになりますが、自由度で見れば常勤よりも高いと言えるでしょう。

常勤医と非常勤医の勤務体系・勤務曜日

勤務体系や勤務曜日、こうしたところにも違いが出てきます。
常勤の場合には週に4日から5日働くことになるはずで、求人も当然のようにそれが前提となっているため、休日の項目が設けられていることが多いです。

土日が休みのところもあれば、日曜日と祝日のみとなっているところもあります。
非常勤の場合は勤務曜日が週に1日だけと限定されていたり、勤務体系は日勤のみや午後だけ、あるいは当直の時間帯だけと、こちらも限定されている求人が多く見られます。

休日ではなく、働く日が主張されている求人がほとんど。
つまり、医療施設の都合でどうしても医師の数が足りない、確保できない、あるいは忙しい曜日や時間帯などにのみに限定して医師を募集しているわけです。

こうした両者の医師求人を見てみると、それぞれの医療施設にとって都合のいい医師を探していることもわかれば、医師本人もそれぞれの都合のいいように求人を見つけ働くことができるとも言えそうです。

日曜日のみ働ける人を募集している求人もありますから、それ以外は別の病院で常勤医として働くという形も、人によっては可能でしょう。
また、それぞれの医療施設にも当然特徴があるため、そうした点も把握しながら応募先を検討しなければいけません。


ロボコンさんのQ&Aコーナー

ロボコン

はじめまして!わたくし医療Q&Aロボットのロボコンと申します。
医療・医師の事なら何でもご相談ください。お答えいたします!

クルリ医師

はじめまして!小児外科医のクルリと申します。
あのー、ロボコンさん。
さっそくなんですが、僕今、転職で迷っていて…。
常勤で勤務するか、非常勤で勤務するかどっちが医者としていいでしょうか。
メリット・デメリットなど教えてください。

ロボコン

かしこまりました!
ではまず『常勤』のメリットです。
やはり日本で働くうえで”安定”していることは大きなメリットになるでしょう。
安定というのは収入面もそうですが、社会保障、福利厚生、ボーナスの面で恩恵を受けられる事も含みます。
『非常勤医師』に比べて、将来的に雇用が安定しているという事は住宅ローンなどを組む際に有利になりますね。
そして、常勤医は同じ病院にずっと在籍しているので、キャリアアップやスキルが得られやすいです。
クルリ医師はなぜ転職しようと思ったのでしょうか?

クルリ医師

僕は現在、常勤で小児外科で勤務しているんですが、激務で休日がなかなか取得できません。
外科医なので、子供の体の中の病気や腫瘍などを外科的手術を行い治療しています。
職業柄、仕方ないとは思ってはいたのですが、たまにある休日でも呼び戻されたりで休日という休日が無いんです。
そんな毎日をこの先、ずっと続けて行かなければいけないのかと考えた時に、疲れてしまって…。
家族との時間もなかなか作れなくて、このままでいいのだろうかと…。
そこで、時間に余裕が出来るという噂を聞いて非常勤医師はどうかな?と思ったのですが…。

ロボコン

なるほど!そうなのですね。
常勤の医師が転職する理由で多いのが「拘束時間が長い」です。
これは『常勤』のデメリットです。
だいたいの常勤医師は週5日のフルタイム勤務が割り当てられます。
そして診療科目にもよりますが、非常勤医師に比べてはるかに休日は取得しずらいでしょう。
クルリ医師がおっしゃったように、時間外勤務・当直・オンコール対応など日常茶飯事ですので身体的・精神的なストレスも大きいと言えます。

クルリ医師

…となると、やっぱり僕の場合は非常勤医師の方がいいのかなぁ。

ロボコン

では次に『非常勤』のメリットをお伝えしますね。
『常勤』とは違いアルバイトのような感覚である程度、自分のスケジュールに合わせて勤務できるでしょう。
曜日を自分で調整して勤務日を決められるので、時間の自由が利く点はメリットだと言えます。
もちろん、契約の時間通りに帰れることが多い為、病院に拘束される時間が少ない分ストレスが少ないでしょう。
時間に制限がある医師…例えば
家事と仕事を両立している・育児中の女性医師には特に人気の勤務形態です。

では『非常勤』のデメリットはどうでしょうか?
まず、常勤医師に比べて収入は低い傾向にあります。
福利厚生や社会保険、有休なども適応外なことも多く社会的信用を得ずらいという一面があります。
ですのでローンが組めなかったり不利な部分があるでしょう。
家庭をもつ医師にとっては、少し不安な要素が残る勤務形態かもしれません。
確定申告などの事務手続きも自ら行う必要がある為、細かい作業などが苦手な方には不向きな場合がありますね。

クルリ医師

はぁ…そうか。やっぱり『非常勤』にもデメリットがあるんですね…。
僕、家族がいるのでやっぱり『非常勤』だと不安だなぁ。
子供に色々な面でかわいそうな思いさせたくないしな…。
そうするとやっぱり『常勤』になるのかぁ…。
「常勤で頑張ろう!」と思えるメリット、他になんかないでしょうか?

ロボコン

ございますよ!
『常勤』で働く事で医師として将来を見据えた時に、必要な知識・経験が得られるというメリットがあります。
専門医や認定医の資格取得も可能ですので、スキルアップを目指して自分の診療科目を極めることを目標にするのもいいでしょう。
『非常勤』で働くということは、常勤医の手が回らない部分を埋める為の求人の場合も多く、キャリアアップ・やりがいという点で得られにくいです。
どちらの勤務形態が正解で、どちらが不正解などありません。
クルリ医師ご自身の将来像を改めて考えた時に、どうなりたいかが大切です。
女性医師・独身の医師・家庭を持っている医師によっても立場が違いますので、どの道が自分に合ったものなのか見極めたほうがいいでしょう。

クルリ医師

そうですよね…。
もう少し僕は自分のこれからのこと、整理して明確化させた方がいいですね!
ロボコンさんに相談できてよかったです!
今のところ『常勤』で頑張っていこうと思っていますが、どうしても体力的にも・精神的にもダメだと思ったら転職を考えるかもしれません。

ロボコン

はい。第三者に相談することは大切だと思います。
もし、転職で悩んだ時は医師専用の転職サイトなどもございます。
転職サイトには専属のコンサルタントなどがいて、色々相談できますので適切なアドバイスをもらえるでしょう。
私のところへ来ていただいても結構ですよ。
お話しかできませんが、また何かあればお越し下さい。

クルリ医師

はい!ロボコンさん、本当にありがとうございました!

 

気になる非常勤医師のお金事情!

 
転職No1.
業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」無料会員登録
何ができるの? 転職を考える医師が、すべて無料で、「求人探し~キャリア相談~応募~面接~条件交渉~入退職の手続き」のサポートを受けられます。
医師転職ドットコムの実績 ・東証一部上場株式会社アインファーマシーズのグループ会社
・全国47都道府県を網羅(札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点あり)
・業界最大級の求人数(39,480件以上 ※独占・非公開求人 10,000件以上)
・提携医療機関数 6,980施設以上、医師転職紹介実績11,000名以上
・平均年収アップ率 146.6%、希望条件達成率 94.7%
こんな人におすすめ

人間関係に疲れて転職したい/週1日~3日の短時間勤務をしたい/収入UPしたい/新しい病院で働きたい/地方で働いてみたい/転科したい/休日をしっかり取得できる病院で働きたい/女性に優しい病院で働きたい

公式HP 【 まずは無料登録 】
女医(37歳)
納得のいく転職ができました。

私には6歳になる子供がいて、子供との時間も確保したかった為、非常勤勤務で応募していた病院に応募し採用されました。
時間にある程度ゆとりのある勤務を希望していたにも関わらず、いざ勤務してみるととても忙しく、毎日残業が発生してフルタイム勤務で働いている状況でした。
家に帰るころにはクタクタで、子供との時間も確保できなく、子供にはとても寂しい思いをさせてしまっていたと思います。

毎日フルタイムで働いているにも関わらず、収入も少なく『これでは非常勤の意味がないし、最初の話と違う』とモヤモヤする事が多くなり私は転職を決意しました。

次はちゃんと非常勤で働ける環境の病院を探そうと、医師転職ドットコムに登録しました。
サイトにも書いてあるとおり、転職のプロであるキャリアコンサルタントの方と一緒に、転職活動を進めることができるのでとても心強かったです。
常勤・非常勤関わらず医師募集についての求人数も多く、いいなと思った病院の内情や、詳細情報などもキャリアコンサルタントから教えていただくことができるので、気になる点が事前にわかるという点でとても安心できました。
希望する医療機関にとって私のスキルや経験でやっていけるかどうか、客観的に分析していただけるのでとても勉強になりました。
『子供との時間を確保したい』という希望はどうしても譲れなかったので、勤務時間の関係で諦めざるを得ない医療機関もありましたが、キャリアコンサルタントの方のおかげで私と医療機関の双方が納得できる条件で転職することが出来ました。
収入は以前と比べて少し減りましたが、時間にゆとりのある勤務ができているのでとても感謝しています。